知って驚く「山手線貨物駅」の現在の変貌ぶり

かつて「東京の台所」も支えた物流拠点の今と昔

駅の開業によって、この大崎の地に次々と工場が作られることになった。先陣を切ったのは今もこの地に本社を置く明電舎で、1913年に貨物駅がある西口に工場を設置。製品は貨物列車で全国に運ばれていった。東口にも日本精工などが進出。第2次世界大戦後はソニーが西口に開発生産拠点を構えた。

その後、時代の移り変わりとともに工場や物流のあり方が変化。1980年に貨物駅が廃止されたのに続き、周辺の工場も郊外移転が進んだ。そこで再開発が決定し、現在は「シンクパークタワー」や「ソニーシティ大崎」などが建っている。

食料品も鉄道で運んだ

食料品の輸送に貢献した貨物駅も多い。代表格は1935年に東京都中央卸売市場の築地市場が開設された汐留駅だ。築地市場の建物が上から見て扇型になっていたのは、扇の外縁部に汐留駅から引き込み線が伸びていたからで、構内には東京市場駅という貨物駅まで用意されていた。

秋葉原の貨物駅があった場所は駅前広場などになっている(筆者撮影)
現在は高層ビルが建ち並ぶ品川駅東口地区(写真: momo/PIXTA)

秋葉原貨物駅の近くには1928年に、神田青果市場が近所の神田須田町から移転してきた。貨物駅が山手線・京浜東北線ホームの東側に位置していたのに対し、青果市場は西口に設けられた。現在は「秋葉原UDXビル」がある場所だ。

品川貨物駅の近くには、1936年に食肉市場・と場が開設された。場所は港南口と呼ばれる東口の南側だ。築地市場は豊洲、神田市場は大田にそれぞれ移転して閉場したが、食肉市場・と場は現在も稼働している。

こうしてみると、東京の台所を支える野菜や果物、肉や魚といった食材も、かつては鉄道によって全国各地から運ばれてきたことがわかる。

次ページ貨物駅跡地の現在
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT