「ビットコイン型SNS」じわり広がっている意味

検閲問題解決へツイッターCEOも期待している

マインズなど、「ビットコイン型」のSNSが人気を博し始めている(イラスト:Daniel Savage/The New York Times)

ドナルド・トランプ氏のアカウント停止に踏み切ったツイッター。だが、同社のジャック・ドーシーCEO(44)は、ツイッターは力を行使しすぎているのではないか、という問題と苦闘していた。ドーシー氏は、暗号通貨ビットコインに使われている新技術がソーシャルメディアの検閲問題を解決する突破口になるのではないか、という問題意識を口にするようになっている。

ユーチューブやフェイスブックが何万人ものトランプ支持者や白人至上主義者による投稿を禁止すると、彼らの多くはLBRY(ライブラリー)、マインズ、セッションズなどの代替アプリに群がった。これらのサイトに共通しているのは、ビットコインの設計に感化されてつくられているということだ。

管理者なきソーシャルメディア

背景には、技術者、投資家、普通の利用者の間に広がる、あるムーブメントがある。インターネットをフェイスブックやグーグルといった巨大テック企業に支配されにくいものとする動きが活発化してきているのだ。

そうした目標を達成する手段として、彼らはビットコインによって導入された新たな技術にますます注目するようになっている。主に権力を分散させる目的でつくられたネットワーク技術だ。

ビットコインは他のデジタル通貨と違って、中央銀行や金融機関ではなく、広く分散したコンピューターのネットワークによって生み出され、流通させられている。単一の出版社ではなく、誰もが編集に参加できるウィキペディアに似た仕組みともいえる。ビットコインの基盤技術はブロックチェーンと呼ばれ、ネットワーク内の分散型台帳にすべての取引情報が記録・保存される。

このブロックチェーンや、それに触発された類似の技術を使って、中央で集中的にネットワークをコントロールする管理者を排除したソーシャルメディアやオンラインサービスをつくり出そうとする試みが広がる。政府や企業がアカウントを禁止したりコンテンツを削除したりするのを、はるかに難しくする動きだ。

次ページ巨大テック企業による言論「規制」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT