独創的だけど「ちょっと残念」なレトロ家電9選

勉強時計に勉強用ファンで「成績も上がった」?

昭和30~40年代の子どもや女性をターゲットにしたユニークな家電を紹介します(写真:Ryozo/PIXTA)
昭和30~40年代、便利なようでちょっと残念な、奇抜な発想の家電がたくさんありました。レトロ家電コレクター・増田健一さんの新著『決定版 増田さんちの昭和レトロ家電』では、そんなユニーク家電が多く紹介されています。
本稿では前回に引き続き、同書から一部抜粋しお届けします。

第1次ベビーブーム世代が受験を迎えた昭和30年代後半から40年代前半にかけて、各社から受験生向けの家電が発売され始めました。

お子様に真剣な勉強態度を植えつける

松下電工(現・パナソニック)
勉強時計
TE-52 昭和43年 4450円
『決定版 増田さんちの昭和レトロ家電』より

「試験に強くなる勉強時計」と銘打って発売されました。10~60分でセットした時間がくれば“チン”と鳴る。本番に備えてこれで練習問題を解いておけば「お子様に試験なれの自信と真剣な勉強態度をうえつける」(新聞広告)そうです。

右端の時間割が2日分あるのは、予習と復習をするために。そして夜中の2時になれば「月・火」から「火・水」へ自動で変わる機能も付いていて、至れり尽くせり。きっと真剣な勉強態度が身に付いたことでしょう。

天井から風をおくれば、頭も涼しく成績もあがる

松下(現・パナソニック)
パーソナルファン(勉強用)
F-20YZ 昭和44年 3900円
『決定版 増田さんちの昭和レトロ家電』より

なにゆえ「勉強用」なのか。この扇風機を天井から吊るして風を送ると、頭が涼しくなり勉強がはかどるので、勉強用と称したそうです。「涼風の中で楽しく勉強、成績もあがります」(全製品カタログ)。ホンマに成績が上がるのか、そのエビデンスはあるのか、などと無粋なことは言わぬが花。

次ページ勉強のお供、夜食用の家電も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT