名著ペストに学ぶ「長いコロナ禍」を生き抜く力

不条理の時代を生きるための行動のヒント

リシャールたちの共通点は、指示待ち、責任回避、保身。この共通点がコロナ禍中にいる僕たちへのヒントになりそうです。彼らは自ら動こうとまったくしませんでした。自分たちで責任を負いたくないばかりに、自分たちより上の権威(フランス本国)に頼ろうとします。すでにタイムリミットなどない緊迫感の中で、椅子に座ったままいたずらに時間を浪費する……。

では、彼らを反面教師にすると、どうなるでしょう? この答えが、第1のヒントになります。

「頼るべきは自分である。すべきことを決めるのは、ほかの誰でもなく、自分である」

『ペスト』唯一のヒーロー

さて、2人目はグランです。グランは、身長も低く、妻に逃げられた、地位も経済力もない下級役人でした。しかも、グランは、保健隊に参加したほかのメンバーよりも年を取っていました。体力もずいぶん、劣っています。

そんな彼が、『ペスト』の中にいる唯一のヒーローとして、カミュから指名されたのです。彼は「自分はささやかな仕事で役に立ちたい」と保健隊入りを志願しました。患者の所在、往診の記録、患者や死者の運搬の指示など、状況の整理とデータ管理をグランが担いました。こうしてリウーやタルー以上に、グランは保健隊になくてはならない存在となっていました。

彼の行動原理は、この発言に現れています。
「ペストが発生してしまった以上、ペストからわたしたちを守らなきゃなりません。すべきことは、これほどはっきりしているんです」

「自分のすべきことははっきりしている」と断言する彼は、自分にできることに誠実に向き合いました。医師であるリウーやカステルのような専門的な役でもなく、タルーやランベールのような体力を要す役でもなく、彼が自らに課した役目は、ほかの誰でもできるかもしれないが、なくてはならない仕事でした。

このグランが示すのが、第2のヒントです。

「小さなことでもいい。無理をせず身の程に合ったことをやる」

次ページ保険隊結成の経緯
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT