名著「ペスト」に学ぶコロナ第2波を生き抜く力

10分でわかる未知のウイルスへの向き合い方

新型コロナウイルスの新規感染者数が急増。今だからこそ学びたい、名著『ペスト』が伝える叡智とは?(出所:『マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」』 画:羽鳥まめ)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症と闘った人々の生きざまを描いたアルベール・カミュの名著『ペスト』が世界中でベストセラーとなっています。日本では、今年2月からの販売数だけで、ここ70年の販売数を超えてしまったといいます。
国内の新規感染者数が再び増加している今だからこそ、私たちが『ペスト』から学ぶべきことは何なのか。『マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」』の著者である、哲学者の大竹稽氏が解説します。

新型コロナウイルスと『ペスト』

(出所:『マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」』 画:羽鳥まめ)

私たちの日常に侵入してきた新型コロナウイルス。この強力なウイルスによって、私たちの生活は一変しました。今や、ウィズコロナの生活が課されています。

次ページ『ペスト』の結末は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT