ブラジルで小耳にはさんだ、W杯開催の本音

W杯は、誰のための大会なのか?

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

先週、ブラジルへ1週間、行ってきました。メインの目的はもちろん、ワールドカップの観戦ですが、滞在中に現地の人からいろいろな話を聞きました。

「I like football, but…(サッカーは好きだけど)」

これは、ブラジル北西部最大の地方都市、マナウスのタクシードライバーの言葉です。マナウスにも、4万2000人収容のスタジアムがあり、イングランド対イタリアを皮切りにワールドカップが開催されています。

「当初の投資額は3億レアル(約150億円)と言われていたんだ。それが最終的に6億レアル(約300億円)だよ。それも、ほとんど税金によって賄われている。もともとあったスタジアムをわざわざ壊し、新しいスタジアムを作り直したんだ。好きなサッカーを楽しむのに、新しいスタジアムが必要だったと思うかい? それに、この国の政府はあまりに非効率だし、どこにおカネが消えたのかもわからない」

日本対コートジボアール戦が行われたレシフェのアレーナ・ペルナンブーコ・スタジアム。こちらも新しく作られたスタジアムで、5億レアル(約250億円)の投資のかなりの部分が税金によって賄われた

直近のブラジル国内での世論調査では、「ワールドカップ開催に賛成」の割合が40%を切る結果も出ています。とはいえ、そこはサッカー大国のブラジル。訪れてみれば、皆、世界最大の祭典・ワールドカップで大盛り上がり!だと思っていました。しかし、実際にはそうではない現実が見えてきました。

次ページスタジアムに税金を投じたが、恩恵を受けられない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT