ブラジルで小耳にはさんだ、W杯開催の本音

W杯は、誰のための大会なのか?

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

先週、ブラジルへ1週間、行ってきました。メインの目的はもちろん、ワールドカップの観戦ですが、滞在中に現地の人からいろいろな話を聞きました。

「I like football, but…(サッカーは好きだけど)」

これは、ブラジル北西部最大の地方都市、マナウスのタクシードライバーの言葉です。マナウスにも、4万2000人収容のスタジアムがあり、イングランド対イタリアを皮切りにワールドカップが開催されています。

「当初の投資額は3億レアル(約150億円)と言われていたんだ。それが最終的に6億レアル(約300億円)だよ。それも、ほとんど税金によって賄われている。もともとあったスタジアムをわざわざ壊し、新しいスタジアムを作り直したんだ。好きなサッカーを楽しむのに、新しいスタジアムが必要だったと思うかい? それに、この国の政府はあまりに非効率だし、どこにおカネが消えたのかもわからない」

日本対コートジボアール戦が行われたレシフェのアレーナ・ペルナンブーコ・スタジアム。こちらも新しく作られたスタジアムで、5億レアル(約250億円)の投資のかなりの部分が税金によって賄われた

直近のブラジル国内での世論調査では、「ワールドカップ開催に賛成」の割合が40%を切る結果も出ています。とはいえ、そこはサッカー大国のブラジル。訪れてみれば、皆、世界最大の祭典・ワールドカップで大盛り上がり!だと思っていました。しかし、実際にはそうではない現実が見えてきました。

次ページスタジアムに税金を投じたが、恩恵を受けられない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。