プーチンの宮殿「暴露」した人物が支持得るワケ

ロシアにおける野党指導者ナワリヌイ氏の存在

ナワリヌイ氏の有利な点は、彼の露骨で大衆的な反腐敗のメッセージが、社会全体に響いていることだ。プーチン氏の秘密の宮殿とされている建物について先週ナワリヌイ氏が公開した調査では、850ドルのトイレブラシまでもが網羅され、YouTube上で8000万回以上閲覧された。

「プーチン氏は間違いなくトイレブラシにこだわっていません」と、23日の夜に国営テレビのホスト、ドミトリー・キセリョフ氏は、一種の論駁に力を込めた。「彼はまったく異なるスケールの人です」。

ロシア人に考え直す機会を与えている

23日、モスクワの社会人類学者アレクサンドラ・アルキポワが率いるチームが、首都のデモ参加者359人の無作為サンプルを世論調査したところ、そのうち42%が今年以前にデモに参加したことはないことがわかった。チームが2019年にモスクワの抗議行動を調査したところ、その数字は17%だったと彼女は述べた。

ナワリヌイ氏は、ロシア人がそうでなければ単に当たり前と思っているかもしれない汚職などの問題について、ロシア人に考え直させていると彼女は語った。

「ナワリヌイ氏は、ロシアの住民なら誰もが心の奥底で真実であると知っているようなことを言っている」とアルキポワ氏は述べた。「彼は、私たちがこれを受け入れるべきではないと言います。これは物事の自然な秩序ではないということです」。

モスクワで23日に初めて抗議活動に参加したのは、テクノロジー企業のマネジャーである29歳のマリア・チューラヴリョワだ。彼女は友人のグリゴリー・オルロフ(25)と一緒に、プーチン政権下での検閲と人権侵害に反対するために街頭に出た。「人々に多くのことが積み重なっています」と彼女は言った。「私たちの先には長い道のりがあると思います」。

(執筆:Anton Troianovski)

(C)The 2020 The New York Times News Services

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT