投資信託「人気ランキング」に頼る人が危うい訳 「投資で損する人」がやってしまう3パターン

印刷
A
A
投資信託の購入時に注意すべき点とは(写真:west / PIXTA)
投資初心者が頼りがちな「投資信託」の人気ランキング。しかし、人気だからといって、その商品を買えば必ず得するというわけではありません。どのような問題点があるのでしょうか。『お金の不安から一生自由になれる考えない投資生活』から一部抜粋・編集してお届けします。

投資信託「損する3パターン」

私はファイナンシャルアドバイザーとして1万人以上の資産形成に関わってきて、あることに気が付きました。それは、投資で「損する人たち」が、同じような商品の買い方をしているということです。ここでは、現在、投資の主流になっている「投資信託」の買い方について、損するケースが多い3パターンをお教えしていきます。

なお、日本で買える投資信託は6000本以上もあります。そのなかから本当にいい投資信託を見つけ出すのは難しいものです。けれど、逆にこれからご紹介する「損する3パターン」を知っておけば、「得する商品」に出会える確率がグッと高まります。ぜひ参考にしてみてください。

損するパターン① 新商品やテーマ型商品に手を出す人​

新商品=いいものというイメージがあります。しかし、投資信託の新商品は必ずしも良いとは言えません。それでも人気が出るのは、ブームになっている間は利益がそれなりに出るからです。スタート時は勢いがあっても、ブームが終わったらすぐに失速します。そこで大損する人が多いのです。

そもそも、なぜ6000本もの投資信託が存在するのでしょうか。それは各運用会社が商品を売るために、競って新商品をどんどん作ってきたからです。

これはカップヌードルなどの戦略を考えるとわかりやすいと思います。カップヌードルはつねに新しい商品を開発していて、これまでに発売されたものを累計すると100種類以上の商品があるそうです。

毎年「カップヌードル〇〇味」という新商品が数種類発売されます。レギュラー商品は基本的にオリジナルとカレー味、シーフード味ですが、酢豚味やハヤシ味、回鍋肉味など、変わり種のものはすぐに消えていってしまいます。ほかの味は、もとから期間限定で短期的に売ることを狙って作られているのでしょう。

次ページ当てにならない人気ランキング
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT