異様?住人より”人形”が多い村

<動画>意外なカタチの観光誘致

徳島県三好市東祖谷(いや)の名頃(なごろ)地区。人口わずか35人の過疎の村落に150もの人形がある。綾野月美さんは11年前に大阪から生まれ故郷である名頃に戻り、その翌年、荒れた畑を守るために父親をモデルにしたかかしを作った。

今では多くのかかしが至るところに置かれている。テレビ番組などで紹介されたこともあり、観光地にもなっているのだが、寂しさを感じさせる光景だ。もちろん、これは名頃だけの問題ではない。人口減少により、いずれ消滅するかもしれない村落は、日本中にある。東京をはじめとする大都市への人口集中が進む日本が抱える問題を、ブルームバーグが取材した。

 
音量に注意して下さい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。