日本人なら簡単「最高の腸活」、食べ合わせ5品目

世界で話題「アダムスキー式腸活」を実践しよう

3つ目は「生野菜サラダ」と「オリーブオイル」の組み合わせです。これも「スロー」に分類される食べ物同士の組み合わせです。

「野菜」は消化管の「煙突掃除人」

【3】「生野菜サラダ」+「オリーブオイル」【「スロー」の組み合わせ】

「野菜」は繊維が多く、消化管の中で「煙突掃除人」の働きをしてくれるので、たっぷりとるようにします。

生野菜にたっぷりの「オリーブオイル」をかけるのは、腸の汚れをはがして排出するために理想的な食事法です。消化管にたまった汚れを下へと滑らせるために効果的なものが、このオリーブオイルをはじめとした、アマニ油やココナッツオイルなどの「高品質の植物性オイル」だからです。

腸の健康のためには、炒め物や揚げ物で加熱して使うのではなく、非加熱のまま摂取するのを、アダムスキー博士は推奨しています。「オイルは太る!」と考えて敬遠する人も多いのですが、腸の滑りをよくするためには非加熱の植物性オイルがおすすめです。

アダムスキー博士は「非加熱オイルをスプーン1杯飲むよりも、腸が詰まっているほうが、はるかに太りやすい」とまで言っています。

たっぷりの新鮮な生野菜に塩とオリーブオイルをかければ、簡単でおいしい、しかも腸をきれいにしてくれるサラダの完成です。

【4】「バナナスムージー」【「ファスト」の組み合わせ】

朝食にぴったりの「バナナスムージー」。それに、消化の速い「ヨーグルト」や「はちみつ」を入れて作ってもいいですね。

バナナをはじめとした「黄色の果物」には「カリウム」が多く含まれ、「アンチストレス効果」が期待できます。ストレスは腸の大敵。食事で少しでも軽減できるのなら、これほどうれしいことはありません。

バナナのほかにもオレンジやパイナップル、キウイやマンゴーといった黄色の果物には、ストレスを和らげる効果が期待できます。その日の気分で、「アンチストレススムージー」を作れば、腸にとってもいい1日のスタートになります。

次ページ最後の「組み合わせ」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT