【産業天気図・工作機械】アジア活況で最悪期脱し「曇り」へ、新興国現地需要の開拓が中期のカギ


 とはいえ07年に記録した過去最高額1兆5900億円に比べれば、なお半分程度の水準。製造業全般の設備稼働率が7~8割にとどまっている現状では、増産投資に踏み切る企業は自ずと限られる。主要4市場(国内、北米、欧州、アジア)のうち、アジアのみが中国(2月受注額165億円、全体の25%)を中心に急伸している偏った戻り方も、上海万博(今年5~10月)後の投資一服等を懸念させずにはおかない。まして各種エコ減税で需要を先食いしている国内に、頼もしい牽引役は見当たらない。

これらの不透明要因も踏まえ、「会社四季報」春号は、新春号に続き慎重予想を基本に置いた。だが、大規模人員削減を行った森精機製作所<6141>やソディック<6143>、米国ボーイング最新鋭機787の恩恵を受けそうな牧野フライス製作所<6135>など一部の社については来11年3月期の収益予想を引き上げている。

中期的な業界展望についても、やはり外需がカギになる。内需回復が基本的に期待出来ない中、工作機械メーカーは日系製造業の海外投資需要だけでなく、新興国の現地製造業の需要も掘り起こす必要がある。一方でこういった新興国開拓には現地の工作機械メーカーという強敵も存在している。日工会と米国ガードナー社の調査によれば、日本は09年、1982年以来27年間保持していた工作機械生産額世界一の座を中国に明け渡し、ドイツにも抜かれて3位に転落した。技術面でも、韓国、台湾勢が急ピッチでキャッチアップしている。

こういった競争環境を制し、仮に受注の外需比率が100%になっても生き残れる企業になれるかが、中期の生存競争を決しそうだ。
(内田 史信)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT