「MBA取得」が成功の近道だと考える人の論理

大学院進学は「ばくちのようなもの」なのか?

大学院へ進学したりMBAを取得して成功している人は、そうでない人と何が違うのでしょうか?(写真:kotoru/PIXTA) 

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

卒業後にそのまま大学院に進学しようか就職しようか迷っています。安井先生の経歴を拝見すると英国にてMBAを取られていますし、自分も行ってみたいと思ってます。
いま経済学部の大学3年生なのですが、世の中の経営者の方や投資銀行などのプロフェッショナルファームで活躍している方をみると大学院に行かれているケースが非常に多いように思えます。
その一方で学費を考えると卒業後そのまま行くのはちょっと躊躇しますし、親にもそこまで無理をしてほしくはありません。現在は就職環境も悪いですし、タイミングを考えて直接進学もありだと思う一方で、その先が見えないがゆえにこのまま学生生活を続けていいのかとも迷います。
実際に大学院に行かれてどうだったでしょうか? また、大学からそのまま進学はありなのでしょうか? すでに就職している先輩を含め周りに聞くと学費が高い割にはリターンが見込めないのでばくちのようなものなのでは、と言われたこともあり、ちょっと不安です。
大学生 埼玉のK

目的や目標なくして人生は切り開けない

大学院に行くという行為そのものに価値があるのではなく、何を求め何を成し遂げるかという目的とその達成が、人生および職業上にもたらす明確なプラスがあって初めて価値となりうるのです。

この連載の記事一覧はこちら

したがって、現在の就職の環境が厳しいから、という理由だけで行くことはあまり意味のある行為とは思えません。

仮にそうしたとしても、卒業時に環境が好転している保証はありませんし、明確な目的や目標がなく勉強をするだけで人生が切り開けるわけでは決してありません。

大学院への進学を含む社会人教育は、職業上または人生における目的を達成する1つの手段であるべきです。

次ページなぜ大学院へ進学するのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT