かんぽ生命と提携する日本生命の深謀遠慮

金融

かんぽ生命と提携する日本生命の深謀遠慮

日本生命保険とかんぽ生命が業務提携する。かんぽ生命が他生保と基幹業務で提携するのは初めて。当面は日生がかんぽ生命に対し、システム構築や商品開発に関する人材派遣やノウハウを提供。1年後に新商品を郵便局の窓口を通じて売り出すという。ただ、対価として一銭も受け取らない日生の目的が、郵便局ネットワークの活用だけにあるとは思えない。 

この提携には、日生の深謀遠慮が透けて見える。そのカギはシステム設計の共通化だ。保険業は今や、システムに支えられた巨大な装置産業。システムに対応できなければどんなに優れた新商品も世に送り出すことはできない。システム構築そのものが、保険会社の成長戦略を決定するといっても過言ではない。

一方で、業界の再編・統合がささやかれながら、それを妨げている最大の要因がシステムの存在でもある。設計思想が同根のシステムであれば、統合ははるかに容易になる。詰まるところ、この提携で日生はかんぽ生命の首根っこを押さえたといえる。
(週刊東洋経済:筑紫祐二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。