変異種出現で変わった「コロナ収束のシナリオ」

今のワクチン接種ペースでは対抗できない

新型コロナウイルスの変異種の感染者はイギリスをはじめ、世界中で見つかっている(写真:Mary Turner/The New York Times)

イギリスで感染の広がる新型コロナウイルスの変異種について12月23日、イギリスの研究者チームから気掛かりな研究結果が公表された。変異種の感染力は極めて強いため、大学を含めた学校の全面休校など新たな規制措置が必要になるかもしれない、と同研究は警告している。さらに、こうした規制強化では足りない恐れもあり、「ワクチン接種を大幅に加速する必要が出てくる可能性がある」としている。

論文の筆頭筆者を務めたロンドン大学衛生熱帯医学大学院(LSHTM)の疫学者ニコラス・デービス教授によれば、この数理モデルはすでに変異種が広がった可能性のある他国に対しても警鐘を鳴らすものとなる。

「暫定的な研究結果ではあるが、これと同じか類似した変異種に対処しなければならなくなった国においては、一段と速やかなワクチン接種が極めて重要になってくることはかなりはっきりしている」とデービス氏は取材に語った。

変異種の感染力はやはり高かった

LSHTMの感染症数理モデリングセンターから発表されたこの研究は、まだ学術誌による査読審査が終わっていない。研究は感染者数や入院患者数などを予測する一連の数理モデルを比較検討したもので、この変異種が生物学的に他と明らかに異なるものであるかどうかを見極める実験も他の研究者によって進められている。

今回の研究では、致死率が従来種に比べて高いことを示す証拠は見つからなかったものの、感染力は56%高まったとの推計結果が出た。これに先立ちイギリス政府は、当初の分析結果として変異種は最大で70%感染力が高まった可能性がある、との数字を公表していた。

同変異種のこれまでの拡散と今後の見通しについて説得力ある分析がなされている――。今回の研究に関与していない、ハーバード大学公衆衛生大学院の疫学者ビル・ハナージ准教授は論文をこう評価した。

次ページ今後数カ月で起きうること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT