ソニー復活? 3つの挑戦--知られざるビジネス変革[上]

ソニー復活? 3つの挑戦--知られざるビジネス変革[上]

3Dのセカンドウエーブが到来した--。3月中旬、米国のメディアはそう華々しく報じた。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で始まった2009年末からの一連の3D映画ブームに続き、パナソニックと韓国サムスン電子の2社が3D対応の薄型テレビを米国で相次ぎ発売したからだ。

家電量販最大手、ベスト・バイのロサンゼルス郊外店。前日に入荷されたばかりというサムスンの3Dテレビは、店頭ディスプレーの準備も整わずひっそりと店の隅に置かれただけ。

にもかかわらず、ホワイトカラー風の男性客が目ざとく見つけ、「メガネは付いているのか、ブルーレイ再生機はマストか」などと店員を質問攻めにしていた。「もっと大きい店舗に行けば、パナソニックの製品もある。今年は間違いなく3Dがブームになる。エキサイティングだね」と店員も興奮ぎみだ。

3Dをめぐって熱を帯びる米国の販売最前線。しかし、そこにはまだソニーの姿はない。サムスンとパナソニックが3Dテレビを発売する数日前、ソニーは東京でやっと3Dテレビの製品発表会を行ったばかりで、実際の発売は6月中旬。

オフィシャルパートナーを務めるFIFAワールド杯の開催に合わせた時期で、試合の3D放映を販売立ち上げの起爆剤にしようともくろむ。

先行2社に対し、約3カ月遅れての登場。しかしテレビ事業を統括する石田佳久・業務執行役員は「この3カ月の遅れが事業面の痛手になるとはまったく思わない」と言い切る。この強い自信は、いったいどこから来るのか。

何でもあるのに稼げなかった

前09年3月期、過去最悪の営業赤字を計上したソニー。今期はテレビ工場など国内外10拠点の閉鎖、非正規を含む約2万人の人員削減を断行したことで、「来期は営業益2000億円台に回復することがほぼ確実だろう。経営課題はすでに、足元の赤字脱却ではなく中期の成長戦略に移っている」(野村証券金融経済研究所の片山栄一アナリスト)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT