連れ子3人を愛すタクシー運転手の数奇な人生 運命のマクドナルドでの出会いから9年

印刷
A
A

そして、彼女は高木が想像していたとおりの、少々気の強い美しい女性だった。

「初対面でいきなり子どもを3人連れてきたので、正直びっくりしました。でも、なぜだかわかりませんが、私は彼女と1回でも会うことができたら、そのまま結婚しようと思っていたのです」

彼女と会った瞬間に心は決まっていた

高木は、同僚たちと福島にいる兄に相談した。同僚のほとんどは、

「3人の子持ちなんて、お前、なに考えてるんだ」

という反応だった。

しかし、田舎の兄の反応は違った。高木の実家は貧しい農家である。高木を含めて男4人の兄弟だが、長男は後を継がず、いまは4男が両親と一緒に暮らしている。しかし、うつ病を患っている4男は一切農作業を手伝わない。完全に自信を喪失していて、いつも「俺はダメだ」とつぶやいてばかりいるという。

長男が言った。

「本当に子どもを3人引き取ってやっていけるかどうかはわからないが、その年でそうそう結婚のチャンスはないだろ。かまわね、やればできるんじゃないか」

「どうすっかな」

高木は一応悩んでみたけれど、実はそれはうわべだけのことにすぎなかった。会った瞬間に心は決まっていたのだ。

「もう40過ぎなんだからやるしかねえべ」

飲み歩いてばかりいた高木の生活は、結婚したとたんに激変した。いや、変わったというよりも、高木が無理やり変えたのだ。景気づけというわけではないが、いきなり一戸建ての家を買ってしまったのだ。住宅ローンが終わるのは、実に75歳のときである。それまでは、とにかく走り続けるしかない。

一方、彼女のほうは筋金入りの気の強さで、「結婚できてよかった」とか「あなたのおかげで救われた」といった言葉は一切口にしなかった。

「あなた、親になったんだから責任あるんじゃないの?」

これが彼女の口癖になった。

次ページ埼玉の郊外にある「マッチ箱みたいな4LDK」の家
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT