トランプ退陣でいよいよ「北朝鮮」がヤバくなる

中国頼みにも限界?金正恩氏はどうするのか

トランプ大統領の退陣は北朝鮮にどんな影響を与えるのか(写真:KCNA/Handout via Xinhua)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の習近平国家主席は、ジョー・バイデン氏のアメリカ大統領選の勝利が決まっても、祝辞をおくるのにあからさまといえるほどの時間をかけた。この2人が大統領選の結果を喜んでいないのも理解に難くない。プーチン氏と習氏は、ドナルド・トランプ大統領が支離滅裂のうちにアメリカの権威と権力を破壊したことから明らかに利益を得ていたのだから。

だが、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長ほどトランプ退陣を悲しむ指導者はいないだろう。12月下旬の時点で、金氏はトランプ氏が近々退任するという事実をまだ国民に伝えていない。なぜだろうか――。

深刻な経済崩壊状態

北朝鮮の事情に詳しい韓国の金炳椽氏によると、北朝鮮経済は2020年、前年比10%縮小する見通しという。しかも、2017年以来の同様の落ち込みに加えての落ち込みである。経済はほとんど機能しておらず、長期的な問題が、新型コロナウイルスによるパンデミックでさらに悪化した。北朝鮮は中国との国境をほぼ全面的に閉鎖せざるを得なかったのである。

自然災害にも襲われた。並行市場経済は、売るための輸入品とそれを買うためのハードカレンシー不足に喘いでいる。北朝鮮の経済崩壊は、すでに1990年代半ばの飢饉時レベルの3分の2に達していると金炳椽氏は言う。しかもこの飢饉自体が、朝鮮戦争に迫るほどの惨状だったのだ。

トランプ氏が政権を去ることが決まった今、制裁措置の緩和によって危機から解放され、遂には核保有国として認められたいという金委員長の希望は打ち砕かれたことになる。

「金正恩政権にとっては非常に厳しい時期だと思う」と、元米中央情報局(CIA)アナリストのビル・ブラウン氏は言う。状況が八方塞がり状態なのを金委員長も感じているのは明らかで、11月下旬に開かれた朝鮮労働党政治局会議で、自らの政府の失策に怒りをあらわにした。

次ページ金正恩ができることは限られている
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT