鉄道にもようやく浸透「ポイント還元」新時代

JR東・西が来春オフピークに導入、すでに実例も

交通系ICカードのポイント還元でオフピーク利用を促す動きが広がろうとしている(写真:tkc-taka/PIXTA)

コロナ禍で鉄道の通勤利用者が減少する中、ラッシュ時とその他の時間帯の運賃に差をつけてオフピーク時の利用を促す「時間帯別運賃」の検討が鉄道各社に広がっている。

とくに混雑する時間の利用を避けて「密」の回避につなげるのももちろんだが、大きな目的はラッシュピーク時に集中する需要の平準化だ。鉄道各社はピーク時の需要に合わせて車両や乗務員などを配備してきた。ラッシュ時に集中する利用を分散できればコストを削減でき、経営の安定につながる。

ただ、運賃そのものを時間帯によって異なる形に変更するのは、実現に時間がかかるとみられる。そんな中、乗車する時間帯に応じて交通系ICカードの利用者に「ポイント」を還元する、という試みが広がろうとしている。

ピーク前後の利用にポイント加算

JR東日本は11月、在来線の首都圏エリアで2021年春から時差通勤の推進に向けたポイントサービスを始めると発表した。あらかじめ同社のポイントサービス「JREポイント」に登録したSuica(スイカ)定期券で6時00分から7時00分までの「早起き時間帯」に入場すれば15ポイント、8時30分から9時30分までの「ゆったり時間帯」に入場すれば20ポイント還元するという仕組みだ。

また、定期券以外でも、同一運賃区間を月に10回以上利用するとJREポイントを還元するという回数券のようなサービスも提供する。10回で運賃1回分、11回以上は1回ごとに運賃の10%分のポイントを還元する。これらのポイントサービスは1年間の期間限定の予定だ。

次ページ東京メトロはすでに実施、JR西も導入へ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT