乗車でポイント還元「Suica」新サービスの狙い

モバイルの還元率高め、カード型から誘導?

JR東日本は10月1日から、Suica利用で鉄道に乗車した際にポイントが貯まるサービスを導入した。モバイルSuicaの還元率が高いのが特徴だ(写真:tkc-taka/PIXTA)

JR東日本は10月1日から、Suica(スイカ)で鉄道を利用した際にポイントが貯まるサービスを開始した。首都圏の駅などで「Suica究極の新サービス始まる」という告知を見かけた人も多いだろう。

このサービスは、JR東日本グループの共通ポイントサービスである「JRE POINT」に手持ちのSuicaを登録したうえでJR東日本の在来線に乗ると、1回ごとの利用額に応じてポイントが貯まるというものだ。従来からSuicaで買い物をした際にポイントが貯まるサービスはあったが、ついに鉄道利用でも可能になったわけだ。

モバイルは大盤振る舞い?

すでにJRE POINTに登録している人なら、その「大盤振る舞い感」に驚いた人もいただろう。「モバイルSuica」を利用した場合のポイント還元率が高いのだ。

カード形のSuicaだと200円ごとに1ポイントだが、モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント貯まり、還元率は2%だ。Suicaグリーン券や定期券をモバイルSuicaで買った場合も、購入額に応じて同じ還元率でポイントが貯まる。定期券は他社線を含む場合でも、購入金額全体がポイント計算の対象だ。なお、1ポイントが1円相当となる。

従来、JR東日本グループのポイントサービスは、駅ビルなど商業施設のポイント、クレジットカード「ビューカード」のビューサンクスポイント、そして「Suicaポイント」など、各種のサービスそれぞれに分かれていた。

2016年2月、これらの共通化に向けて「JRE POINT」が登場。まず駅ビルなどのポイントに始まり、2017年12月にはSuicaポイントがJRE POINTと共通化。さらに2018年6月、ビューサンクスポイントも共通化され、さまざまなサービスのポイントをまとめることができるようになった。

次ページエリアの広さが強み
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。