Suicaの「チャージ上限額」はなぜ2万円なのか

ほかの電子マネーは5万円までOK、どうして?

交通系ICカードのチャージ上限額は2万円だ(写真:y_seki / PIXTA)

Suicaをはじめとする交通系ICカードのチャージ上限額は2万円。少ないか十分かといえば、それは使う人それぞれだ。

だが、Suicaなどの交通系ICカードと同じソニーの非接触カード「FeliCa」の技術を使用した「楽天Edy」やセブン&アイの「nanaco」、イオンの「WAON」などは、これよりも多くの金額をチャージできる。

交通系ICカードのチャージ上限額は、なぜ2万円になっているのだろうか。

確かに2万円分乗り通すことはない

現在の代表的な交通系ICカードといえばJR東日本のSuicaである。なぜチャージの上限額が2万円なのかをJR東日本に問い合わせてみると、「利用実態や、再発行ができない無記名Suicaを紛失した場合のお客様の損失、不正利用やセキュリティの観点から、上限額を2万円としております」との回答だった。

確かにこれは納得のいく理由である。Suicaは首都圏はもちろん、新潟や仙台などの各エリアで使えるが、エリアをまたいで使うことはできない。例えば東京からSuicaを利用して新潟や仙台に行くことはできない。特に広い首都圏エリアの両端である松本―いわき間を乗り通しても7344円しかかからない。

JRの運賃がおおむね2万円となるのは、営業キロ1961~2000kmの区間で、片道運賃は1万9870円である。Suicaの各エリアはもちろん、その他の交通系ICカードのエリアでも、こんな運賃に達するほどの移動は不可能だ。

もしもJR東日本の全線全エリアをSuicaで乗り通せるようになったとしても、東京から新潟・秋田経由で青森まで向かっても1万0800円であり、現在の金額設定でも十分間に合う。

次ページ高額チャージは紛失時のリスクも高い
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT