バブルは別の顔をしてやってくる 熊野英生著

バブルは別の顔をしてやってくる 熊野英生著

21世紀以降、10年近くも続いてきた世界的な金融バブルの物語は、まだ続きがあるかもしれない。世界各国が実行した低金利誘導、財政出動などによる「過剰流動性」という怪物が、世界を駆け巡っているからだ。そこには、四つのパラドックスが影響する。危機対応に加え、先進国・後進国の格差、弱い基軸通貨ドル、それに資金循環だ。

次に日本の金融市場がバブルにのみ込まれるとすれば、1980年代バブルのような日本国内発の投機ブームではなく、海外マネーの上陸で始まる投機ブームに流される図式になるだろう。

人気エコノミストが、中国、新興国、資源価格、環境分野など新たなバブル経済の可能性を徹底分析する。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。