映画のWeb宣伝担う「フラッグ」の素顔と挑戦

デジタルマーケを映画界に注入したパイオニア

フラッグは『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』など数多くの映画作品の宣伝を手がけている会社。久保浩章社長は映画業界を「優秀な人材がたくさん入ってくるような業界にしたい」と力説する (筆者撮影)

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『TENET テネット』『泣きたい私は猫をかぶる』『ジュディ 虹の彼方に』『ひとよ』『宮本から君へ』『人間失格 太宰治と3人の女たち』『引っ越し大名!』『午前0時、キスしに来てよ』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』『ジュマンジ/ネクスト・レベル』『全裸監督』『東京喰種 トーキョーグール【S】』『ザ・ファブル』『きみと、波にのれたら』『映画 賭ケグルイ』『旅のおわり世界のはじまり』『さよならくちびる』――。

一見バラバラな作品群のように見えるが、ここに挙げた作品には、実はある共通点がある。デジタルマーケティングを担うフラッグが、この1年で、ウェブの宣伝PRを担当した作品群だ。

映画業界でもウェブPRへの信頼が厚い同社には、洋画・邦画、規模の大小問わず、数多くの映画宣伝のオファーが相次いでいる。特に今年は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開した。

「鬼滅の刃」の宣伝を担当

同社の久保浩章社長は「うちのスタッフにはアニメ好きが多いこともあってWebパブリシティの仕事を引き受けたが、まさかこんなにいくとは思わなかった。もちろん事前のリサーチでヒットするだろうなと思っていたが、われわれも勉強になりました」と驚きを隠せない。

デジタルマーケティングの重要性が高まる中、躍進を遂げるフラッグだが、その歴史は2001年ごろにさかのぼる。大学生だった久保社長は合資会社フラッグを創業。当時はちょうどデジタルビデオなどが登場しはじめたころだ。

次ページ企業PR動画の製作がはじまり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT