超小型一眼カメラに参入続々、変わる2強の勢力図--ソニー、パナ、オリンパスの挑戦



 そこでカギを握るのが、1台目の購入。オリンパスとパナソニック以外はレンズの互換性がないため、一眼レフ同様、“囲い込み”サイクルにユーザーを取り込めるかが重要となる。

「広角ズームなどレンズのラインナップ強化」(オリンパス)、「プレイステーション3との互換性を深化」(ソニー)など、各社は知恵を絞っている。

タッチパネル操作など簡便性にこだわるパナソニックは、「一眼カメラの最後発メーカーにとって、チャレンジし続ける以外、勝ち残るすべはない」(房忍・デジタルスチルカメラ総括部長)と言い切る。

フィルムカメラ時代を知らない世代にとって、キヤノン、ニコンは“絶対”ではない。ユーザーの心をつかむのはどのメーカーか。

■ソニーの業績予想、会社概要はこちら

(前野裕香 撮影:吉野純治、今井康一 =週刊東洋経済2010年3月27日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT