グーグルが「感染症学者」をスカウトした理由

テック企業で医療の専門家が果たす役割とは

厚生労働省がグーグルとアップルの接触確認APIを用いて開発したアプリ「COCOA(ココア)」。現状で2000万ダウンロードを超えた(記者撮影)

また、アプリは一般の人々が接触確認の担当者に連絡を取ることを促すものだ。かつての公衆衛生の世界では、接触確認の担当者が固定電話で連絡し、連絡を受けた人は電話口で質問に答えていた。足で稼ぐ地道な疫学調査は長年の課題だった。

だからこそ新しい接触確認の方法が世界中で広がっている。規模の必要性だけでなく、人々のテクノロジーに対する見方が変化したことも大きい。コミュニケーションを(電話だけでなく)テキストベースにしたい人もいれば、ほかの方法を好む人もいる。世界の期待に応えるために21世紀らしいインフラを導入し、公衆衛生の現代化が進んでいる。

膨大なデータが拾える世界では能力が広がる

――コロナ対応だけでなく、グーグルヘルスは今何に取り組んでいるのですか。

医療・健康分野に関する取り組みはグーグルのさまざまな部門で行われていたが、昨年1つの組織に集約された。医療現場に向けた取り組みとしては、AIを活用し、放射線画像の読影のスピードを上げたり、病理医が判断しきれない検体からがんを見つけ出したりする研究のほか、疾病の予測モデルの開発や電子カルテ内の情報の見つけやすさを改善するといったものがある。

これらは医師が求めていることだ。誰もが完璧ではない。一度にすべての患者を診ることもできない。ツールによって、医師の目、耳、脳の能力は拡張できる。どんなに優れた医師や看護師だとしても、膨大なデータが拾える世界ではもっと能力が広がる。

われわれはグーグルにおける医療・健康分野の外部企業との提携についての責任も担っている。(外部企業からの情報提供を受け)検索やユーチューブでは信頼できる情報を表示し、マップではPCR検査ができる場所が検索できるようにしている。クラウドではオンライン診療などのパートナーと連携し、彼らが消費者にサービスを提供できるようにしている。

入社して1年近く経つ中で会社のことを深く知ったが、チームのモチベーションの高さに驚いている。それぞれが、医療のシステムをよくしたいと思った経験やストーリーを持っているからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT