コロナ禍こそ必須「倒産を見抜く」会計の超基本

苦手な人が多い「会社の数字」を武器に変える

②管理会計とは、今後のプロジェクトや、現在の企業や事業の状況を「企業の内部で数字を使って見える化していく」ものです。企業の役員や従業員が「数字を使って日々経営を行い、管理していく」ことに関係します。

管理会計は、いろいろな意思決定をする際に「数字」でシミュレーションをする「意思決定のための管理会計」と、事業部門や製品ごとに業績を集計して「採算を把握」し、戦略の策定や担当者の評価などをする「業績評価のための管理会計」に分かれます。さらに、意思決定のための管理会計は、「短期的意思決定」「長期的意思決定」の2つからなります。

短期的意思決定:現在の仕組みや組織が変わらないことを前提に「1年以内の短い期間のなかでどうしたらよいのか」を考える。1年間の儲けのモノサシである「利益」がどちらのほうが多くなるのかで評価
長期的意思決定:現在の仕組みや組織を変化させることも含めて「1年を超える長い期間のなかでどうしたらよいのか」を考える。企業の本来の儲けのモノサシである「キャッシュフローとしての儲け」がどちらのほうが多くなるのかで評価
業績評価のための管理会計:共通経費の配分や財務目標の設定、予算などがテーマ
管理会計には2つの目的がある(KADOKAWA提供)

会社の状況を客観的に把握する

では、会計を活用することの意味はどこにあるのでしょうか? それは、「企業の状況を客観的に把握し、評価できる」ところにあります。

例えば「今期は顧客からの注文が多く、すごく忙しかったのでかなり儲かった!」と思ったとします。「注文が多かった」「忙しかった」=「儲かった」という感覚ですね。

でも、利益がどの程度生み出せたのかを具体的に数字で集計してみないことには、本当に業績がよかったかどうかはわかりません。

急激な景気の悪化があり、ある会社について「顧客からの注文がかなり減っていて経営が苦しく、倒産するかもしれない!」との情報を聞いたとします。それをもとに「早く手を打たないと!」と考えるかもしれませんね。でもそれは少し早計です。

次ページ倒産の危険性を把握するポイント
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT