世界のエリートがあえて「借金」を背負う理由

「借金=悪」の常識に縛られると成功できない

学費ローンで有名大学を卒業後、富裕層となっても一括返済せず、毎月コツコツ返し続けているエリートが少なくない。「借金」に対する彼らの合理的な考え方とは?(写真:amadank/PIXTA)

先日、40代のアメリカ人の友人と話したときのこと。彼は、コロンビア大卒の超エリート。30代のうちに一財産を築き、すでにセミリタイアしています。ところが「大学時代の学費のローンを今も払っているんだよ」と言うのです。

「一生かけて返済するつもりなんだ」

貧乏な生活どころか、うなるほどお金がある暮らしをしているはずなのに、どうして学費ローンくらい一括返済しないのか? 彼が毎月コツコツ返済し続けているのには、会計学に基づく理由がありました。

「借金=悪」と恐れ、「利子=損」と考える日本人

日本では、借金をするのは悪いとか、恐ろしいイメージもあります。逆に「住宅ローンを完済した」とか「積極的に繰り上げ返済している」などというとポジティブなイメージになりますが、これには「借金して利子を払うなんて損するだけだ」という考え方が影響しているように感じます。

しかし、このコロンビア大卒のアメリカ人をはじめ、世界のエリート層は「無借金で、利子のない生活」を好みません。なぜなら、自分の稼いだお金以上の生活はできないからです。

身近な例として、家を購入するとき、キャッシュで買える人はほとんどいないと思います。でも、頭金だけ用意して住宅ローンを組めば、手持ちの現金で購入できないものが手に入るのです。また、「大学に進学したい」という子どもに、「お金がないから無理」という家庭も少なからずあると思いますが、この場合は教育ローンなどを組むことができれば、子どもの希望をかなえてあげられます。ひいては、将来の子どもの職業や収入にも好影響をもたらすでしょう。

借金することをいましめ、節約や貯金に励めば、「お金がある」という安心感を得られるかもしれませんが、貯まっているお金が直接今の生活をよくすることにはつながりません。一方で、お金を手放して借金をすれば、自己資金以上の生活ができる可能性をもたらすのです。

次ページ日本企業は借金が下手だから成長できない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT