介護保険は老いを守るか 沖藤典子著

介護保険は老いを守るか 沖藤典子著

今、約400万人が利用し、創設満10年を迎えた介護保険制度。「介護の社会化」「高齢者の自立支援」を進めてきたが、この間、「財源論を盾に改悪が続き、緊急の課題も山積み状態」だという。

集約すれば、この10年で

(1)介護給付適正化事業の混乱(とくに同居家族問題、「施設から在宅介護へ」に逆行)
(2)介護労働政策(介護報酬の相次ぐマイナス改定による「安い賃金、きつい労働」が常態化)
(3)介護認定の軽度傾斜化による信頼失墜(介護認定制度の抜本的見直し論議が必要)

の三つの問題ポイントがはっきりしたという。

社会保障審議会の委員として議論に加わった著者が、利用者の視点に立って徹底検証し、具体的提言を行う。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。