「詐欺やだましの分析」を経済学が苦手な理由 「不道徳な見えざる手」が教える経済学の弱点

印刷
A
A

不動産担保ローン証券やクレジット・デフォルト・スワップにおけるかれらのポジションがもろいものだというのはわかっていたはずだ。当時の私たちは、ユーロの将来的な脆弱性もまた予想できていたはずだ。

ロバート・J・シラー/イェール大学スターリング経済学教授。2013年ノーベル経済学賞受賞。著書に『アニマルスピリット』(アカロフとの共著)、『それでも金融はすばらしい』『投機バブル 根拠なき熱狂』『新しい金融秩序』『バブルの正しい防ぎかた』など(写真:Michael Marsland)

私たちはこの巨大な欠落が、経済学者たち(ファイナンス畑の人々も含む)が市場の働きにおけるごまかしと詐術の役割を系統的に無視するか過小評価していることを物語っているのだと考える。私たちはすでに、なぜそれがこれほど無視されてきたかという単純な理由を指摘している。

経済学者たちの市場理解が、系統的にそれを排除しているからだ。

その病理は、私たちの友人が明らかにしてくれたように、主に「外部性」によるものだと見られている。でもそれは競争市場が、まさにその性質そのものにより詐術とごまかしを生み出すことを見損ねている。それは、繁栄を与えてくれるのとまったく同じ利潤動機の結果として生じるものだ。

私たち経済学者が自由市場を正しく諸刃の剣として見ていたら、ほぼ間違いなく金融デリバティブや担保ローン証券や国家債務がひどい結果をもたらす方法も検討していたはずだ。そして警鐘を鳴らした経済学者も数人ではすまなかったはずだ。

カモ釣りとがんの類似性

『病の皇帝「がん」に挑む』(邦訳:早川書房)で、がん研究者兼医師のシッダールタ・ムカジーはがんの分析と治療に見られた似たような間違いを描いている。経済学者のことばを使うと、この例えでは「外部性」によると見てもいい病気がある。

こうした病気の起源はバクテリアやウイルスだ。ほとんどの場合には、かなり単純な治療法がある。身体の異質な侵略者を殺すような薬やワクチンを発見するだけでいい。外部性アナロジーで言えば、経済学では「病気」は風下にいる人々への被害だ。治療は喫煙課税だ。

でもムカジーによれば、がんはそういうものではない。それはウイルスやバクテリアのような外部からの侵略者により引き起こされるのではない。それはむしろ、私たち自身の健康な生理とまったく同じ自然の力により引き起こされる。ちょうど私たち自身の健康細胞が攻撃に対する強い防衛力を持っているように、突然変異も同じように独自の防衛機構を持つ。

次ページカモ釣りという経済的病理をもたらす原因
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT