鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間 野口武彦著

鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間 野口武彦著

文芸評論家である著者の『幕府歩兵隊』『長州戦争』に続く歩兵隊三部作の完結編。本書で取り上げられるのは「鳥羽伏見の戦い」である。

1868(慶応4)年1月3日から6日にかけて、徳川慶喜を擁する旧幕府軍と、薩摩藩を中心とした新政府軍の間で争われたこの戦いを、開戦前の大政奉還を巡る駆け引きから慶喜の大阪城逃亡までをひもといていく。膨大な史料から拾われた生々しい戦場の描写がリアルだ。

旧幕府軍は、なぜ敗北したのか。もし緒戦で、旧幕府軍の歩兵隊の銃に弾丸が込められていたら、もし連日、旧幕府軍の正面から強い北風が吹きつけていなかったらなど、あえて「歴史のイフ」で検証しているところも面白い。

中公新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT