築地市場からノーベル賞経済学者が学んだこと

元コンサルの学者離れした「オークション」理論

2020年、ノーベル経済学賞を受賞したポール・ミルグロム氏(写真:AP/アフロ)
2020年、ポール・ミルグロムが師であるロバート・ウィルソンとともにノーベル経済学賞を受賞した。
マーケット・メカニズム分析とその設計を研究する分野を「マーケット・デザイン」と呼ぶが、オークションの理論を応用し、実際に多くの恩恵を私たちにもたらした功績を評価されての快挙である。
氏の画期的な業績となり、主著『オークション 理論とデザイン』でも展開されたオークション理論の意義と、それを可能にした彼の人となりをみていこう。

勃興する「オークション理論」

オークション理論とマッチング理論は、マーケット・デザインと呼ばれる経済学の領域にあり、マーケット・デザインはまさに急速に勃興してきた分野である。まずは歴史的経緯的な概略を追っていこう。

『オークション 理論とデザイン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

オークションに関する現代経済理論が生まれたのは1960年代といわれる。ウィリアム・ヴィックリーによる「2位価格封印入札オークション」の均衡解の理論的解析に関する歴史的な論文が1961年に発表されたことをきっかけに、理論的な検証が先行していく。

当初は理論的な帰結の確認が主であり、実務にインパクトを与えることは多くなかったが、1994年、連邦通信委員会(FCC)が周波数オークションを実施して以降、オークション理論分野の成果が顕著にあらわれてくる。これがミルグロムとウィルソンの手によるものであり、新しい分野であるマーケット・デザインが大きく注目を集めるきっかけになった。

1996年にはオークション理論への貢献により、ヴィックリーがノーベル経済学賞を受賞(ヴィックリーは受賞発表の3日後に亡くなっている)。

1998年にはアルヴィン・ロスが設計した全米の研修医の画期的なマッチングプログラムが採用される(これが2012年のノーベル賞受賞につながる)。

2000年には英国の周波数オークションで340億ドルの収益がもたらされ、設計者はエリザベス女王から叙勲を受けている。

そして2001年には周波数オークションが世界標準になり、世界総額で1000億ドル(約10兆円)を超える売り上げに達する。

マーケット・デザインは、実質的に十数年で長足の影響力拡大を成し遂げたのである。

次ページもし、オークション理論がなかったら?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT