ユニクロ進化論 松下久美著

ユニクロ進化論 松下久美著

いまや小売業界の新盟主といっても過言ではないファーストリテイリング。同社の主力業態「ユニクロ」は国民ブランドとなり、その進化には業界関係者はもとより、欧米ビジネススクールも注目するほどだ。

関連本も多い。だがその大半は新聞報道などを頼りに手堅くまとめあげたものだ。そこへいくと、本書は約11年間同社を担当しているファッション誌のジャーナリストによる「本物のユニクロ論」。スポーツ専門店に就職、百貨店で販売系の経験もある筆者だけに、問題意識は鋭い。本書を読めば同社の柳井正会長兼社長が思わずホンネを語ったことがいかに多いかがわかる。筆者が日頃から店舗のフィールドワークや担当者への丹念な取材を欠かさないからこそできる賜物だ。

商品・ブランド戦略から組織論までを網羅するが、本書ならなぜ百貨店が没落し、ファストファッションが台頭しているのかも理解できる。最新の流通論としても手に取りたい好著だ。

ビジネス社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。