宇宙一孤独な人工物、ボイジャーの秘密 JAXAではなくNASAに行きたかった理由、幼年時代のヒーロー

印刷
A
A

子供の頃、自分にとってのヒーローがいたならば

JPLに就職して4カ月後の2013年9月、NASAが宇宙開発の歴史に間違いなく残るだろう重大な発表を行った。ボイジャー1号が、太陽圏の境界とされているヘリオポーズを通過したことを、正式に確認したという発表だった。「ボイジャー太陽系脱出」と日本のメディアでも大きく報じられた。

(注:どこが太陽系の終わりなのか定義が難しいため、正確には「星間空間(interstellar space)に入った」という表現が使われる。また、実際にヘリオポーズを超えたのは2012年8月であることがわかっている。)

そして、このニュースをJPLの中で聞くこととなった僕の感慨がどれほど大きかったか、察していただけるだろうか。

もしあなたに子供の頃のヒーローがいたならば、そしてその人に対するあこがれを今でも失っていないならば、きっと自分の人生をそのヒーローの生きざまに重ねてみたことが、あるのではなかろうか。

僕にとってのヒーローは、ボイジャーだった。人生を機械に重ねるとは変な話に聞こえるかもしれないが、しかし僕は、これまで自分がたどってきた道のりを、ボイジャーの旅と重ねずにはいられないのだ。ボイジャーは宇宙の果てにあこがれ、35年かけて太陽系の果てにまでたどり着いた。ボイジャーにあこがれた僕は、30年かけて、その生まれ故郷であるJPLにたどり着いたのだ。

とはいえ、太陽系の出口はさらに広い宇宙への入り口でしかない。同様に、僕にとってJPLに入ったことは、これからの長いキャリアの出発点でしかない。ボイジャーの旅は続く。僕の旅もまだまだ続く。

JPLにある、探査機を組み立てるためのクリーン・ルーム。ボイジャーもここで組み立てられ、宇宙へと飛び立っていった

 

新刊はこちら→『宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』 (Kindle版はこちら

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT