「らしさ」失ったフランスで人々が今夢中なもの 「エミリー、パリへ行く」への違和感と愛情

印刷
A
A

「家の周りの風景や建物を知っているからこそ、ストーリーが実際の場所に忠実に作られていることがとても嬉しかったの。あのベーカリー、『de la Mairie』というカフェ、広場にある小さな赤いレストランが物語の中心にあるのを知って、本当にびっくり!」と、現在イスラエルでジャーナリストとして生活しているマリールゥの娘、ロクサーヌは言います。「パリがよく見られるために『パリ』という街を作り上げていないのは、いいことだと思う」。

フランスのいいところだけ映している

一方、SNSではこのドラマは「現実離れ」している、と痛烈に批判も受けています。ドラマのいくつかのシーンは、フランスではほぼありえないですし、「パリのいいところだけ意図的に映している」という声も少なくありません。

ネットフリックスがとても賢い、と感じるのは、フランス人にこのドラマを「売る」には、実際とは異なった部分を作ってそれを皮肉り、そうした現実離れしたシーンをそのまま流すという必要性をわかっていたことでしょう。

「私の働くテレビ番組で、このドラマに対するフランス人とパリっ子の反応についてのコラムをまとめるように頼まれたの」と、ロクサーヌは言います。「1つ言えるのは、パリっ子は『嫌うことが大好きだ』ということ。このドラマはフランスでも人気があるし、周りの友人たちも私に感想を聞いてくる。そのたびにこのドラマがうちの近所で、うちのアパート、ドアの前で撮影されたっていう話を伝えるわ。そうすると毎回、同じ反応。『うそ!信じられない』って」。

そうつまり、フランス人は興味があるから、批判せずにはいられないのです。

それでも多くの人は、素直にこの時期に『エミリー、パリへ行く』を見てよかったと言います。40代の家庭教師のイザベルは、「明るく、前向きで、素敵で、それが私たちの心が今必要としているもの」という理由でこのドラマを楽しんだと言います。

いつも笑顔を絶やさず、あまりにもポジティブな主役のエミリーは、この状況下、私たちに前向きな心と積極性をもたらしてくれました。パリがもはやパリではない暗い時代、パンデミックとロックダウンのこの時代に、『エミリー、パリへ行く』は少し夢を見ながら旅行する機会でもあるのです。

1シーズンの成功を受けて、ドラマの制作チームは先ごろ、2021年にシーズン2の撮影を行うと発表しました(配信は10月ごろの予定)。ただ、マリールゥが住む建物の有名な古い階段(映画の中で非常に重要なセット)は、改装されており(ロケ地として受け取った予算のおかげで)、大きく変わることになります。おそらく、次こそ、監督はパリっ子たちがいかに現代的であるかを見せてくれるのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT