「らしさ」失ったフランスで人々が今夢中なもの 「エミリー、パリへ行く」への違和感と愛情

印刷
A
A

一方で、ある意味「あっている」イメージもあります。例えば、多くのフランス人はいつもタバコを吸っていますし(ドラマの中ではスポーツジムの前で喫煙している女性たちが出てきます)、歩いていれば犬のフンを踏むことも少なくありません(ただしこれは20年前の話です)。

アメリカ人より性差別問題に疎いというのも間違ってはいないでしょう。ドラマの中で、裸の女性が男性の間をぬって歩く、クライアントのテレビ広告の撮影シーンがあります。これに対して、エミリーが「セクシーか性差別か(Sexy or Sexist)」と上司に問題提起すると、女性上司がこれを一蹴する場面がありますが、確かにアメリカではこうした広告はもうないかもしれません。ただ、これは世代間でかなりギャップがあり、フランス人でも若い世代はより意識が高いと思います。

ドラマに出てくる「かつての生活」

そして何より、パリという街は世界中の人々が夢見る街であることは事実でしょう。素晴らしいモニュメントや素晴らしい美術館、レストランやカフェ、ファッション、そしてパリジェンヌの「Je ne sais quoi(直訳すると、「それが何なのかはわからない」。言葉でははっきりと表現できないような、上質かつ魅力的な人やものを表す言葉)」。映画『アメリ』は、そういったイメージで世界的に大成功を収め、理想的なパリのイメージを与えました。

生き生きしているパリの風景を見ていると、ふと寂しい気分が襲ってきます。

ドラマに出てくる、5区にある「エストラパード広場」と呼ばれる小さな広場。ベーカリー、テラスのあるカフェ、レストラン、小さな噴水、花屋など、「ロマンチック」なパリをイメージするすべてがあるのですが、ベーカリーと「生活必需品」を販売する店を除いて今はすべてが閉まっています。そして、この風景を見て、私たちパリっ子はこの文化が失われていることを実感するのです。

ただカフェに座って、人々が歩いているのを見たり、おいしいクロワッサンやパン・オ・ショコラで一日を始めたり。小さなビストロでボトルワインとおいしい食事を囲みながら何時間も話す……。すべてが美しく、完璧な生活。

『エミリー、パリへ行く』を見たという18歳のレア、イネス、ゾーイは口を揃えて「ドラマの明るさとポジティブさが好き」と話します。「オペラ座、エッフェル塔、モンマルトルなど、人々がもう目を向けなくなった場所と、パリという街そのもののよさを再発見することができる作品」なのだと言います。

彼らの多くは、エミリーみたいな格好(彼女のスタイルは「シンプルシック」なパリ風ではなく、カラフルでおしゃれでトレンディなガーリースタイル)をして、ドラマに出てくるさまざまな場所で動画を撮っては、SNSに投稿することを楽しんでいるそうです。

次ページドラマに対するフランス人の「不満」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT