米銀大手シティグループ、「黒字体質」への転換は本物か


 09年のシティの営業収入、純利益、預金のいずれをとっても、全体の46%はBRICsを中心とする新興国ビジネスが占めている。特に、新興国都市部の「マス富裕層(mass affluent)」を中心ターゲットに据える。ビジネスエリートなど比較的リッチな個人顧客の囲い込みに意欲を燃やしている。

 同CEOは「シティが2年前から根本的に違う会社になった」という根拠として、主要3事業の成長、顧客フォーカス戦略の徹底、新興国での比類なき実績、堅固な資本基盤を挙げ、黒字体質への復帰に向け、格好の態勢にあると強調した。

しかしだ。

パンディット氏は具体的にいつ黒字体質に戻るかは明らかにしなかった。今年の第1四半期からなのか、年後半からなのか、来年からなのかは定かではない。

今年1~3月期から黒字定着? なお不透明な回復時期

確かに、最近のシティの決算に改善の跡は見て取れる。与信費用は昨年前半で山を越した形となっており、赤字は縮小傾向にある(グラフ参照)。シティHDの資産も大幅に圧縮しており、健全化は順調に進んでいるように見える。


(注)09年2Qの純利益はスミスバーニー株売却益(税引き後67億ドル)を除く。09年4Qの純利益はTARP(公的資金)返済費用を除く。与信費用は、不良資産の直接償却と貸倒引当金積み増しの合計。
(出所)シティグループ公表資料

ただ、そうは言っても処分・撤退すべきシティHDの資産は依然として5470億ドル(約50兆円)あり、いちばんリスキーと思われるSAPの資産も1540億ドル(約14兆円)残っている。この額は、決して少ないとは言えない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT