米銀大手シティグループ、「黒字体質」への転換は本物か


 シティグループは公的資金投入後のリストラによって、コア(中核)事業を行うシティコープと、ノンコア(非中核)事業のシティホールディングス(以下、シティHD)の2部門に事業分割された。「グッドバンク」「バッドバンク」方式による分割に似ており、シティHDのほうは将来的に売却や資産圧縮で処分・撤退していく対象となる。

シティHDは09年末の総資産が5470億ドルで、北米での住宅ローンや自動車ローン、学生ローンなどの一部消費者向け金融事業や、証券の合弁事業であるモルガンスタンレー・スミスバーニー、生保事業のプライメリカ、そして「スペシャル・アセット・プール(SAP)」と呼ぶ特別なリスク資産から構成される。

SAPには、別働隊として特別目的会社の形態で投資を行ってきたSIV(Structured Investment Vehicle)の資産や流動性の低い各種証券、モノライン(金融保証専門会社)関連資産などが含まれ、総額は1540億ドルある。

パンディットCEOは、シティHDの資産は08年第1四半期の8980億ドルから5470億ドルへ大幅に圧縮されたと強調。この中には、日本での日興コーディアル証券の売却なども含まれる。そして、一部消費者向け金融事業については、まだ赤字が続くものの、与信費用は09年後半から減少傾向にあると説明。SAPについては、07年第3四半期以降、大幅なマークダウン(減損処理)を行ってきた結果、「ほぼ赤字がなくなってきた」と、健全化の進展をアピールした。

収益・預金の5割弱を新興国が占める

一方、コア事業のシティコープは、09年末の総資産は1兆0800億ドル。事業の柱は、(1)キャッシュマネジメント(グローバル企業の資金管理)やカストディ(有価証券管理)などのトランザクションサービス事業、(2)国際的な法人向け銀行・証券事業、(3)クレジットカードを含む国際的なリテール銀行事業、の3つだ。

パンディットCEOは、「シティは世界140カ国以上で営業しており、比類なきグローバルネットワークを持つ。新興国での実績を重ね、高成長を享受する好ポジションにある」と訴えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT