日本語を「外」から見る 留学生たちと解く日本語の謎 佐々木瑞枝著

日本語を「外」から見る 留学生たちと解く日本語の謎 佐々木瑞枝著

「どうぶつ村の 入り口に、大きな きりかぶが 一つ ありました」。小学1年生の国語の教科書の題材だ。

日本人にとってはやさしい文章だが外国人にとっては、どうして「きりかぶがありました」で「いました」ではないのか、「入り口に」はどうして「に」なのか……と疑問ばかりが浮かぶという。外国人にとって日本語は謎に満ちた言語であり、日本人は彼らに言われて初めてその難しさに気づく。

日本語学、日本語教育学を専門にする著者が、日本語教室を舞台に、留学生たちの始業式から終業式までを丹念に追う。日本語がどんな場面で留学生たちにとってネックとなるのかを描きながら、外国語として見た日本語の特徴をわかりやすく伝える。
 
小学館101新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。