日本語を「外」から見る 留学生たちと解く日本語の謎 佐々木瑞枝著

日本語を「外」から見る 留学生たちと解く日本語の謎 佐々木瑞枝著

「どうぶつ村の 入り口に、大きな きりかぶが 一つ ありました」。小学1年生の国語の教科書の題材だ。

日本人にとってはやさしい文章だが外国人にとっては、どうして「きりかぶがありました」で「いました」ではないのか、「入り口に」はどうして「に」なのか……と疑問ばかりが浮かぶという。外国人にとって日本語は謎に満ちた言語であり、日本人は彼らに言われて初めてその難しさに気づく。

日本語学、日本語教育学を専門にする著者が、日本語教室を舞台に、留学生たちの始業式から終業式までを丹念に追う。日本語がどんな場面で留学生たちにとってネックとなるのかを描きながら、外国語として見た日本語の特徴をわかりやすく伝える。
 
小学館101新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。