日本語を「外」から見る 留学生たちと解く日本語の謎 佐々木瑞枝著

印刷
A
A
日本語を「外」から見る 留学生たちと解く日本語の謎 佐々木瑞枝著

「どうぶつ村の 入り口に、大きな きりかぶが 一つ ありました」。小学1年生の国語の教科書の題材だ。

日本人にとってはやさしい文章だが外国人にとっては、どうして「きりかぶがありました」で「いました」ではないのか、「入り口に」はどうして「に」なのか……と疑問ばかりが浮かぶという。外国人にとって日本語は謎に満ちた言語であり、日本人は彼らに言われて初めてその難しさに気づく。

日本語学、日本語教育学を専門にする著者が、日本語教室を舞台に、留学生たちの始業式から終業式までを丹念に追う。日本語がどんな場面で留学生たちにとってネックとなるのかを描きながら、外国語として見た日本語の特徴をわかりやすく伝える。
 
小学館101新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT