岩崎弥太郎と三菱四代 河合敦著

岩崎弥太郎と三菱四代 河合敦著

海運王国を築いた創業者・岩崎弥太郎。日本初のビジネス街・丸の内を建設した二代目・弥之助。産業革命や戦争景気の波に乗って業績を伸ばした三代目・久弥。世界恐慌や戦争による統制経済を生き残った四代目・小弥太。本書は、三菱財閥を率いた岩崎四代の小伝である。

歴史作家・研究家である著者は、彼らの時代に比べて現在の企業人に決定的に欠けているのは、国家社会のため、公共のためという「国利民福」の考え方だという。

昨今の不況の原因は、歪んだ個人主義・自由主義の蔓延と短期的な利益しか考えないことがもたらしたことだとし、現代人は彼らの生き方から、もう一度企業人のあるべき姿を学ぶべきだと説く。

幻冬舎新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT