岩崎弥太郎と三菱四代 河合敦著

岩崎弥太郎と三菱四代 河合敦著

海運王国を築いた創業者・岩崎弥太郎。日本初のビジネス街・丸の内を建設した二代目・弥之助。産業革命や戦争景気の波に乗って業績を伸ばした三代目・久弥。世界恐慌や戦争による統制経済を生き残った四代目・小弥太。本書は、三菱財閥を率いた岩崎四代の小伝である。

歴史作家・研究家である著者は、彼らの時代に比べて現在の企業人に決定的に欠けているのは、国家社会のため、公共のためという「国利民福」の考え方だという。

昨今の不況の原因は、歪んだ個人主義・自由主義の蔓延と短期的な利益しか考えないことがもたらしたことだとし、現代人は彼らの生き方から、もう一度企業人のあるべき姿を学ぶべきだと説く。

幻冬舎新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。