新国立競技場、本当にこれでいいのか!

有識者会議がJSCの基本設計案を了承

5月28日の有識者会議の様子(撮影:梅谷秀司)

ただし、課題が山積している。有識者会議では「カネの問題もあるし、関係者から違和感があると言われている。計画をきちんと説明して理解を得るべき」(森喜朗元首相)などの意見が複数の委員から上がった。

これに対して、JSCは「(基本設計について)政府と調整したうえで、説明する機会を設ける」(河野一郎理事長)と回答した。

「70メートルに抑えたことでバランスが良くなったのではないか。(建築家などから)いろいろな問題が提起されているので、JSCはもっとしっかり発言をしていったほうがいいと思います」

ザハ案を採用したコンペの委員長を務めた建築家の安藤忠雄氏は、今回の案への支持を明確にすると同時に、反対の烽火を挙げている建築家を牽制した。

いずれにしろ、多くの委員がJSCの発信力の良さを問題視しており、国民に対してもっと積極的にアピールすることを求めた。

費用は膨らむ可能性

だが、説明不足という以外にも問題点はある。費用計算が厳密ではないことだ。総工費1625億円は2013年7月の単価による概算であって、消費税も5%時のものだ。言うまでもなく現在の消費税は8%になっている。昨今の建設現場での人手不足や資材の高騰などを考慮すると、実際の費用は概算を上回る可能性がある。なぜ現在の状況に合わせて計算をし直していないのか、疑問が残る。

そもそもJSCは大規模改修を検討していた時期がある。市民グループが情報公開で入手した内部資料によると、大規模改修は3年前に検討されていた。JSCが設計会社に詳細な耐震補強調査を依頼し、7万人収容規模への改修工事を4年の工期、総工費770億円で行えるとの試算結果がある。なぜ改築ではダメなのかについて、合理的な説明がなされていないままだ。来年10月の着工まで、まだ紆余曲折がありそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT