アメリカの株価が急落する「Xデー」はいつか マーケットの転換点は2021年早々に始まる?

印刷
A
A
バイデン当確に熱狂した市民も、普通の生活に戻る。次のマーケットの転換点はどこになるのか(写真:ロイター/アフロ)

長かった2020年のアメリカ大統領選挙もようやく決着を迎えることになりそうだ。11月7日のアメリカ東部時間午前、異様なほどに慎重な姿勢を維持してきた同国の主要メディアが、せきを切ったように民主党のジョー・バイデン候補の当確を打ち始めた。

「バイデン大統領誕生確実」でも残る「波乱の芽」

一方、現職大統領であるドナルド・トランプ氏の陣営は票の数え直しや不正を理由にした投票の無効を求める訴訟を起こすとしており、最終決着にはまだ至らないかもしれない。だが、この結果が覆ることもないだろう。

仮に最高裁判所の判断を仰ぐまでの事態となったとしても、10月に上院でスピード承認して半ば強引に押し込んだエイミー・バレット氏も含め、判事がバイデン候補の当選を取り消すような判断を下すことはなさそうだ。

両候補の獲得票が過去最高を更新、7000万票を超えるに至るまでに盛り上がった選挙だったが、この先は注目度も急速に下がってきそうだ。好天に恵まれたこともあり、民主党の支持者の多いニューヨークでは至る所でお祭り騒ぎとなったが、それが終わればほとんどの人々は日常に戻っていく。新型コロナウイルスとの戦いが依然として続いている中、いつまでも選挙結果に浮かれている場合ではないからだ。

もっともマーケットの関係者にとっては、まだ選挙は終わってはいない。下院は共和党に激しく追い上げられながらも、かろうじて民主党が多数を取る見込みとなった。だが、上院は「どちらの支配」になるのかが、まだ確定していないからだ。

原稿執筆時点(10日午後)では、上院の議席数は「48対48」で民主、共和両党が均衡、アラスカ、ノースカロライナ、ジョージア州の2議席の残り合計4議席は、まだ結果が出ていない(一部ではノースカロライナで共和党勝利としているところも)。

次ページジョージア州の2議席はどうなるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT