マカオの「カジノ収入」、2021年も半減の見通し

今年4~9月は9割減、コロナ長期化で回復に遅れ

新型コロナの流行長期化でマカオのカジノは閑散としている(撮影:財新記者 梁瑩菲)

世界最大級のカジノ都市であるマカオの景気回復が遅れている。新型コロナウイルスの世界的流行が続き、基幹産業のカジノの低迷が長期化しているためだ。マカオ政府が11月6日に議会に提出した政府予算案によれば、2021年のカジノ総収入は1300億パタカ(約1兆7030億円)にとどまる見通しだ。

「マカオ特別行政区の2021年の経済状況は、新型コロナの影響が続くために依然厳しい。回復には時間がかかる」。マカオ政府は予算案の付属文書にそう率直に記した。

新型コロナが大流行する前の2019年のカジノ総収入は2924億5500万パカタ(約3兆8312億円)であり、マカオ政府は来年のカジノ業界の回復がなお平時の半分に届かないとみていることになる。カジノ総収入が過去最高を記録した2013年の3607億4900万パカタ(約4兆7258億円)と比べると大幅減少だ。

特区政府は財政準備金を取り崩し

マカオ政府は新型コロナ対策のため、今年2月に域内の全カジノを一時閉鎖した。その後、カジノの営業は順次再開されたが、中国本土や香港および海外からの厳しい渡航制限が続き、4月から9月までのカジノ収入は前年比90%以上の落ち込みを見せた。

10月には中国本土からの渡航制限が緩和されたため、同月のカジノ収入は前年同月比72.5%に改善した。とはいえ極めて厳しい状況が続いていることに変わりはない。

本記事は「財新」の提供記事です

カジノからの税収は、マカオ政府の歳入のほぼ半分を占める。2021年の政府予算案ではカジノ特別税の収入を455億パタカ(約5961億円)と見積もっており、2019年の910億パタカ(約1兆1921億円)から半減する。そこでマカオ政府は「マカオ特別行政区財政準備金」から265億8100万パタカ(約3482億円)を取り崩し、歳入不足の穴埋めにあてる。

(財新 駐香港記者:劉雁菲)
※原文の配信は11月5日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT