京セラが太陽電池の生産計画を一気に倍増、“超激戦”市場での勝算


 強みは総合的な展開力だ。生産は住宅用にも大型設備用にも幅広く対応できる「多結晶」タイプの太陽電池に特化。独自の販売網も張り巡らせる。国内では自社ブランドのみ扱うFC店を展開。10年度中に150店舗(現在87店舗)、海外では欧州と北米の販社をそれぞれ10年度中に100社(現在64社と62社)にまで拡大させる。

川村誠会長が「利益率は当社が国内トップだろう」と強調するように、低コストの生産体制によって製品の利幅も厚い。さらなる採算性向上を狙い、八日市工場で培った生産ノウハウを野洲工場へ移植。その傍ら、生産期間短縮化などを進め、野洲工場の生産効率を現状比で20%アップする方針である。

ただ、今後は国内外で海外勢の低価格攻勢を受ける可能性がある。公的助成に頼らない自立した事業への発展も必至。展開力が試されるのはこれからだ。

■京セラの業績予想、会社概要はこちら

(梅咲恵司 撮影:ヒラオカスタジオ =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。