「新しい仕事を創り出す仕事」のススメ

ソーラーフロンティア社長 玉井裕人(上)

閉鎖した川崎製油所の銘板

三宅:数学、エンジニアリング、現場、それから海外との調整もあって――となると、プロデュース機能がそうとう必要になる話だと思いますが、よくまとめましたね。

玉井:当時は珍しい事例だったので、私が雑誌に書いた記事を読んで、ほかの石油会社の人が話を聞きにきたこともありました。そしてそれからずっと後になって川崎の製油所が2011年に閉鎖されたとき、現場の方々から私のところに製油所の銘板が送られてきました。これはうれしかったですね。今も社長室であるこの部屋に飾っています。

花形ではない分野で、新しい仕事をつくる

三宅:石油会社なのに、ガスを使い、電気を作り、それを全部制御したということになりますね。さぞかし画期的な取り組みだったことでしょう。そして、玉井さんが新しい事業のやり方をプロデュースしたことは、会社にとっても大きな意義があったことと思いますが。

玉井:当時こういうユーティリティ関連業務は、製油所の組織からいうと、実はあまり地位が高くなかったのです。やはり花形は石油精製プラントでした。まず蒸留があって、ガソリン、灯油系があり、出てきた重油を分解するというプロセスです。しかしこんな端っこのユーティリティ業務にも面白いネタがあるのかな、と思ってもらえたのではないでしょうか。

三宅:「この仕事は本流じゃないから」などと言わずにきちんと取り組むと、意義のある仕事は実はたくさんあるというのは、たいへん示唆深いですね。さて、そういう成功を収めると、だんだんチャンスが回ってくるようになりそうですが、その後はいかがでしたか?

玉井:そうですね、ガソリンからポリエステルの原料になるキシレン、ベンゼンを抽出するプラントや、製油所のアナログ計器をデジタルに変更する仕事もしました。製油所ではメンテナンス以外の仕事はひととおりやりましたね。

三宅:あちらこちらで、これを変えよう、次はこれをやろうという感じで、周りからすると、「新しい仕事を作りだす仕事」をしていたわけですね。

玉井:そうですね。どうせやるなら単なる置き換えではなく、どうしたらよりよいものができるか、どんな付加価値をつけられるか、次はこのレベルを狙おうよ、と考えていくのがわれわれの仕事だと思っていたので、そこは一生懸命やりました。結局、製油所には1991年の秋まで11年半いました。

次ページ中東の現場で学んだこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT