エルグランド大変身でもどこかもったいない訳

日産の上級ミニバン、電動化果たすのはいつか

また、ハイブリッド車のモーター駆動は、必ずしもエンジンのように排気量の大小、気筒数の多少によって車格が決まるものではなく、1つのモーターで車格の大小に適応できる順応性を持つ。象徴的なのが軽自動車EVのi-MiEVのモーターを活用し、SUV(スポーツ多目的車)のアウトランダーのPHEV(プラグインハイブリッド車)を実現した三菱自動車だ。

アウトランダーPHEVもシリーズ式ハイブリッド方式を採用し、モーター駆動で走行する。したがってi-MiEVより車格が上のリーフを持つ日産自動車なら、そのモーターやバッテリーなどを活用し、e-POWERをエルグランドにも適応できるのではないかと想像できる。

ハイブリッド化に加え、スカイラインで実用化したプロパイロット2.0を搭載し、自動車専用道路上でのハンズフリー走行も可能にすれば、アルファード/ヴェルファイアにない次世代技術を備えた上級ミニバンになる。ユーザーが上級ミニバンに求める本質的価値を高めることが可能だ。

スカイラインに搭載されたプロパイロット2.0は上級ミニバンの付加価値になる(写真:日産自動車)

ノートやセレナが販売を伸ばしたように

現行エルグランドが誕生したのは2010年であり、モーター駆動を採り入れたシリーズハイブリッド機構を搭載できるプラットフォームであるかどうか、それは想像の域でしかない。

しかし、ノートにしてもセレナにしても、e-POWERとプロパイロットによって、大きく販売を伸ばしクラスナンバー1を獲得したことは事実だ。エルグランドも同様の装備で、さらにスカイラインで実現した一歩先のプロパイロット2.0を採り入れれば、逆転ののろしを上げることができると期待する。

さらに次期型では、PHEVやEVの道筋も踏まえ商品企画がなされれば、もっと先へ進んだ上級ミニバン像を消費者に示すことができるだろう。トヨタは、まだEV導入には消極的でもある。

日産には、そうした魅力ある次世代車を生み出す技術も知識も経験があるはずだ。それをエルグランドに活かさなければ、もったいないではないか。そこに上級ミニバンで独り勝ちのトヨタを阻止するヒントがあるように思う。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT