2027年「リニア」、いよいよ今秋着工へ

ついに総額9兆円の巨大プロジェクトが始動

既存の鉄道のような鉄製のレールでなく、リニアはコンクリート製でU字型のガイドウェイの中を、地上から10cm浮き上がったまま走行する。従って構造上は脱線という概念がない。同じリニアでも、ドイツの「トランスラピッド」(中国・上海で運行)や、日本の「HSST」(愛知県でリニモとして運行)のような「常電導」とは、原理が異なる。

開業は2027年。東京―名古屋が40分で通勤圏に?

そのリニアが今秋着工される。開業予定は2027年だ。東京(品川駅)―名古屋(名古屋駅)は、たった40分で結ばれることになる。現在運行している「のぞみ」が1時間28分(88分)だから、所要時間は半分以下に短縮される。2045年には名古屋―大阪(新大阪駅)が67分となり、今の2時間18分(138分)から、こちらも時間は半分以下である。

片道40分となると、東京―八王子の45分(中央線快速)よりも早い。もはや立派な“通勤圏”である。現在、JR東海が発行する新幹線の通勤定期「FREX」は、最長で東京―浜松まで。リニアができれば、名古屋までの通勤・通学定期券ができるかもしれない。

それだけリニアは人々の生活を一変させる可能性を秘めている。リニアは主に移動時間の短縮効果などを通じ、企業の生産活動や個人の消費活動に多大な影響を与えよう。交通政策審議会によれば、リニアの経済効果(大阪開業時)は、利用者の利便性向上などの「便益」で1年間に7100億円のプラスをもたらし、旅行関連産業などの「生産額」を1年間に8700億円増加させる、と推計されている。

個別の産業にも少なからぬインパクトを与えそうだ。車両メーカーで見ると、現在の新幹線は、川崎重工業と日立製作所の2大巨頭がシェアの多くを占めている。が、リニアでは、先頭車両を三菱重工業が受注、中間車両は、JR東海子会社の日本車輌製造が獲得した。

特に三菱重工にとって、高速鉄道は初の受注。リニアの先頭長は15mあるが、「空力特性など航空機の技術と似たところが多く」(JR東海)、国産の小型ジェット旅客機「MRJ」でも実績のある三菱重工に、白羽の矢が立ったのである。

次ページリニアに潜むリスクとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。