犯人は生き物好き?池にブラックバスを放つ謎

悪質行為で貴重な生物の命が失われていく

実際に、ビオトープがある下池でも悪質なバサーとの摩擦は起きていました。下池ビオトープの周囲にある人気のバス釣りスポットには、平日でもバサーの姿があります。他県ナンバーの車も来て路上に駐車しています。

こうした車が道路をふさぐことで、地元の農家が使うトラクターなどが通る際の妨げとなることがしばしばあるそうです。その程度ならまだしも、注意されたことをきっかけに一部の悪質なバサーと地元の方との間で口論や、つかみ合いなどのトラブルも起きているといいます。

こうした中でビオトープに何度も執拗にバスが放されたことが、関係者に「悪質バサー犯人説」を呼び起こしています。放流した人物が、地元の歴史や、ウシモツゴ復活の経緯をどこまで知っていたのかは分かりませんが、そこに何か大事なものがいることは理解していたのでしょう。

ブラックバス放流事件がSNSやネットメディアなどで話題になると、不思議な出来事が起きました。東海タナゴ研究会宛てに突然、防犯カメラが送られてきたのです。同封されていた伝票には「我々も密放流は絶対に許しません!協力させてください!!バス釣りファン一同より」と書かれていました。

生物の多様性を守る必要

『「池の水」抜くのは誰のため?――暴走する生き物愛』(新潮新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

東海タナゴ研究会の北島さんは「どうして送ってくれたのかは分からない」と断った上で、「バサーにもいろんな人がいます。それに水辺というのは国民の財産であり、誰でもアクセスできる権利があります。できれば誰かを閉め出したりせず、みんなで水辺を利用できる解決策を考えたい。甘いといわれるかもしれませんが」と話してくれました。

水辺は誰かだけのものではなく、末永く大事に使っていかなければなりません。ですが、ブラックバスの密放流は犯罪であり、絶対にやってはいけません。また、水辺の生物多様性を保全して、その恵みを次世代へも引き継いでいくためには、バスを取り除いていく必要がある場所がほとんどでしょう。

防犯カメラを送って来た「バス釣りファン一同」の皆さんと地元の人々が今後どう協力していけるかに期待し、注目しています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT