「小金持ちと大富豪の差」は出すゴミでわかる訳

ゴミ清掃員芸人「真の金持ちほどゴミが少ない」

捨てるゴミで「金持ち」と「超金持ち」の違いがわかる(写真:Ushico/PIXTA)
捨てるゴミでその人が「お金持ちかどうか」がわかるというゴミ清掃芸人の滝沢秀一氏。彼がゴミ清掃の現場で見た、「ちょっとしたお金持ち」と「普通のお金持ち」「ものすごいお金持ち」の捨てるゴミの違いについて解説。『やっぱり、このゴミは収集できません〜ゴミ清掃員がやばい現場で考えたこと』から一部抜粋・再構成してお届けする。

大量の洋服が定期的に排出されるのは一般的な家庭が多い。洋服は自己投資のひとつではあるが、新品に近い洋服が多いと散財に見える。トップクラスの高級住宅地では使い古した婦人用の洋服が1枚入っている程度のもので、大量に洋服を捨てるという光景は見たことがない。

ゴミにはその人の哲学が含まれていて、その集合体は地域柄を表している。これはもう「ゴミ社会学」ではないかとよく言っているが、その考えは今でも変わっていない。

高級住宅地ほど「圧倒的にゴミが少ない」

結論から言うと、最高級クラスの高級住宅地は圧倒的にゴミが少ない。後々、詳しく説明するが、SSランクの金持ちが最もゴミが少ない。客観性を保つため、ベテラン清掃員何人かに取材した。

「昔の金持ちはどんなゴミ出してたんですか? バブルの頃とか」

「え? 金持ちのゴミ? あー、昔から金持ちはゴミ少ねえよ、お前も本に書いてたじゃん、そのとおりだよ」

「へぇー、昔から?」

「昔からだよ。ちなみに昔は質屋しかなかったから、彼氏と別れたのかわからねえけど、高級な腕時計を捨てていたとかはあったな。まだ動いているやつ。質屋はなかなか行けないじゃん? 今はネットで売れるから、そんなのは見なくなったけどな。時代が浮かれているってのはあったけど、それでも、ほかの地域に比べたら少なかったよ」

時代とともに回収する物は変化しても、本質は変わらないのかもしれない。30年も40年も前から変わっていないので、向こう30〜40年先の金持ちの心理も、そうそう変わらないだろう。一般庶民も本質的にはそんなには変わらないと思われる。

ゴミ清掃員を何年間もやっていると、お金持ち、一般庶民の家庭に限らず、「なんでこれにお金を払ったのだろう?」ということばかり考えるようになった。何に金をかけて、その結果、どうなりたくて、どんな気持ちになりたくて、これを手に入れたのだろう? そしてその傾向はどんな人たちに多いのだろう?と考えながらゴミを回収し続けた。

次ページ高級住宅地にも「上・中・下のランク」がある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT