航空機並み速度のリニア走らせるテスラの思惑

「ハイパーループ構想」のインパクト

テスラのトップ、イーロン・マスク氏の“ハイパーループ構想”が注目されている(写真:AdrianHancu/iStock)
テスラのトップ、イーロン・マスク氏の次なる一手として注目なのが、“ハイパーループ構想”だ。カリフォルニアで走っているスピードの遅い鉄道を、リニアモーターカーに変えようとのプロジェクトだが、航空機と変わらない時速1000kmものスピードの鉄道を実現しようとしている。
さらにハイパーループが日本でも実現し、ドル箱路線と言われている東京・大阪間に設置したら、日本の鉄道会社が大打撃を受けるでしょう──そう語るのは『2025年を制覇する破壊的企業』の著者であり、ビジネスとテクノロジーをつなぐベンチャーキャピタリストである山本康正氏だ。どういうことなのか、同氏に聞いた。

電車の2倍速く、40%安いロボタクシーも広める

イーロン・マスク氏のハイパーループ構想は、カリフォルニアで走っているスピードの遅い鉄道を、より速いリニアモーターカーにしようというもので、驚くのはリニアのスピードです。現在のリニアモーターカーの最高時速500kmのおよそ倍、航空機と変わらない時速1000kmものスピードの鉄道を実現しようとしています。

このような速いスピードが出る秘密は、トンネルの構造です。従来のトンネルとは異なり、真空チューブのような構造にすることで空気抵抗を減らし、スピードを高めようとしているようです。すでに試験走行も開始しています。ハイパーループが日本で実現し、ドル箱路線と言われている東京・大阪間に設置したら、日本の鉄道会社が出資をしない限り大打撃を受けるでしょう。

ハイパーループを別にしても、鉄道の未来も大きく変わります。運転手のいない自動運転の“ロボタクシー”も近未来に普及させようとしているからです。もし本当にこれが広まれば、鉄道の需要は一気に激減するでしょう。

浦安から六本木の距離であれば、電車なら約45分、料金は350円ですが、ロボタクシーを使えば25分で210円ほどになってしまいます。駅に行く手間もなくなり、運賃も安くなる。エンドツーエンドで、自動で好きなところに連れていってくれる。自動運転専用レーンなどで渋滞がなければどう考えても、鉄道よりロボタクシーのほうが便利です。

次ページ「テスラは電気自動車を販売しているだけの会社」ではない
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT