黄昏の不動産ファンド、国内最大手ダヴィンチが窮地に

拡大
縮小


 今後も「国際赤坂ビル」(取得価格約1000億円)、「虎ノ門パストラル」(同約1150億円)など大型物件が返済期日を迎えることになる。債務借り換えの成否は不透明と言わざるをえない。

ファンドだけでなく、本体自体も投資損失などから苦境にある。コミットメントライン(銀行借入枠)を設定してきたBNPパリバ証券の系列会社は返済期日を9月まで6カ月間延長したが、これも三菱東京UFJ銀行をアレンジャーとする協調融資の返済期日延長を条件としたものだ。

ダヴィンチは新スポンサー獲得を表明しているが、不動産ファンド運営会社で法的処理前にスポンサーが現れたケースは少ない。隆盛を誇った行く末は渾沌としている。

■ダヴィンチ・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(石川正樹 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT