黄昏の不動産ファンド、国内最大手ダヴィンチが窮地に


 今後も「国際赤坂ビル」(取得価格約1000億円)、「虎ノ門パストラル」(同約1150億円)など大型物件が返済期日を迎えることになる。債務借り換えの成否は不透明と言わざるをえない。

ファンドだけでなく、本体自体も投資損失などから苦境にある。コミットメントライン(銀行借入枠)を設定してきたBNPパリバ証券の系列会社は返済期日を9月まで6カ月間延長したが、これも三菱東京UFJ銀行をアレンジャーとする協調融資の返済期日延長を条件としたものだ。

ダヴィンチは新スポンサー獲得を表明しているが、不動産ファンド運営会社で法的処理前にスポンサーが現れたケースは少ない。隆盛を誇った行く末は渾沌としている。

■ダヴィンチ・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(石川正樹 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。