「1いいねで〇〇」で超絶バズった作品の舞台裏

ツイッターへの何気ない投稿が絵本になった

ツイッターで爆発的にバズった「1いいねで1日成長する赤ちゃん」。365いいねで1年成長する仕組みだが、投稿1日でとてつもなく成長した(イラスト:おおのたろう)

ツイッターやインスタグラムなどへの投稿が爆発的にバズるなど、クリエイターにとってSNSは重要な活動の場となりつつある。イラストレーターのおおのたろうさんも、その威力を感じている1人だ。

今年4月11日、赤ちゃんのイラストと同時に、「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん 365いいねごとに誕生日が来ます」と投稿したところ、猛烈な勢いでいいねがつき、なんと初日で13歳まで成長。その後の反響もすさまじく、なんと18日には700歳を超えるほどいいねが集まるほどに。2カ月間の投稿で約29万いいねを集めた、この「赤ちゃん」が大人になっていく様子は書籍『きみの中のぼく』となって発売もされた。

イラストだけでなく、「GIFゲーム」などをほぼ毎日投稿しているおおのさんがブレイクしたきっかけはなんだったのだろうか。

「GIFゲーム」がバズる

イラストレーターとして活動していたおおのさん。もともとツイッターは利用していましたが、ある時作品用のアカウントを開設し、毎日作品を投稿するようになったという。

趣味で気楽に作れる作品、頭の隅に浮かんだネタのような投稿をしていましたが、前々から好きだった顔ハメ看板を題材にした「顔ハメ看板GIFゲーム」を投稿したところ、フォロワーさん何人かが反応してくれ、コメントでの交流も盛んになりました。調子に乗ってシリーズ化して、毎日顔ハメ看板GIFゲームを投稿するようになったのです。

ツイッターで人気を博した「赤ちゃんにおむつをはかせてあげよう」というGIFゲーム

その流れで作ったのが「赤ちゃんにおむつをはかせてあげよう」というGIFゲーム。これがツイッターで大反響を得て、話題になりました。自分の作品を通してフォロワーさんたちと一緒に遊ぶ、それは学生時代に友達に作品を見せては一緒に楽しんでいたあの頃と一緒。それからもGIFゲームを作り続け、200以上のゲームを発表しました。GIFゲームが新たな仕事につながり、遊べる広告としてさまざまな企業とのコラボ作品も生まれました。

こうした活動を続けている中、「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」が大反響を巻き起こす。活動の幅を広げようと考えていたのに、世の中がコロナ一色になった今春のことだ。

次ページ「1いいねで1日成長する赤ちゃん」始めたきっかけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT